<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-5MB67QV" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

Horizon標準サンプル

Horizon標準サンプル

※お見積りはログイン後になります。登録がお済でない方はこちらより会員登録を行ってください。

製品概要

Horizon Discoveryの標準サンプルは、高い特異性を持つ正確に定義されたゲノムDNA/RNA精度管理物質です。前処理から後処理までの一連のフローで発生するエラーの特定や、解析系の評価・比較に適しています。

本標準サンプルはバックグラウンドが明確なセルラインを基に、遺伝子編集技術によりがんの遺伝子情報が再現されており、DNAの量、コピー数、アレル比が常に検証されています。このため、希少な変異も継続してご提供可能です。人工核酸を含まないため、変異をスパイクしたコントロールと比較し、臨床検体に似た特性を持ちます。解析ワークフローのモニタリングによる品質管理にもお使いいただけます。

■特徴
分子診断検査における問題点、エラーレート

分子診断検査における問題点、エラーレート


遺伝子検査の件数や、検査受託会社の数が急速な伸びを示す一方、検査サービスを評価し、品質を保証するシステムの構築が遅れていることが指摘されています。欧州分子診断品質ネットワーク団体が行った診断技術能力評価プログラムでは、872サンプルを90ヶ所のラボへ送付したところ、73サンプル(8.4%)で間違った検査結果となったと報告されています。



検査品質を維持するための精度管理物質

Horizon Diganosticsの標準サンプルの特徴と優れている点


この課題を解決するため、理研ジェネシスは、本標準サンプルを用いた分子診断の品質管理、標準化を提案いたします。

臨床検査受託ラボや病院の検査室で行われている遺伝子検査プロセスで、この分子診断用標準サンプルを検査し、結果をサンプルの変異含有率と比較することで、検査品質(精度)を評価することができます。

ラインナップ

■アプリケーションから探す
次世代シークエンシング Next Generation Sequencing

複数のがん遺伝子変異を含むMultiplex標準サンプルは、各種パネル、RNA融合遺伝子検出、エキソームシーケンス、ctDNA検出、全ゲノムシーケンスなどNGSプラットフォームにおけるデータの質保証やワークフローの評価・精度管理を可能にします。詳細はこちら
新製品OncoSpan- 152のがん遺伝子状に386変異を含有します。詳細はカタログPDFをご参照ください。
 

DNA/RNAターゲットがんパネル
   

下記プラットフォーム/製品のリファレンスに使用いただけます。
  イルミナ - TruSight 15, TruSight 26, TruSight Myeloid, TruSight 170, TruSight 15 cfDNA, MiniSeq
  キアゲン - QIAseq library prep, GeneReader NGS and QIAseq? Targeted RNAscan Panel.
  イオントレント - Oncomine Focus assay, Oncomine Lung cfDNA Assay, Ion XL System
詳細はこちら
 

Whole Genomeシークエンシング
    

Genome In A Bottleコンソーシアム(GIAB)による全ゲノム標準サンプルです。本製品の解析結果をクラウドで集約しているデータ(Personal Genome Project (PGP))と比較いただけます。詳細はこちら
 

リアルタイムPCR・サンガーシーケンシング
 

単一変異検出・解析のワークフロー、アッセイ全体のバリデーションにお使いいただける外部精度管理物質です。FFPE(ホルマリン固定・パラフィン包埋)切片と、Genomic DNAの2つのフォーマットがあり、100以上の製品を取り揃えています。詳細はこちら
 

■ 対象サンプルから探す
セルフリーDNA (cfDNA, ccfDNA)
   

約160-170bpに断片化したcfDNA標準サンプルです。血漿検体からの体細胞変異検出(リキッドバイオプシー)における精度管理や質保証にご利用ください。詳細はこちら
 

FFPE
   

アレル比が確定された、均質なFFPE(ホルマリン固定・パラフィン包埋)ブロックから切出した切片です。 詳細はこちら
 

Formalin-compromised DNA
   

ホルマリン固定条件により、ゲノムDNAは断片化や塩基置換などの影響を受けます。影響の強さにより3種類ご用意しております。TapeStationを用いてゲノムDNAの状態を確認しています。詳細はこちら
 

ゲノムDNA (Genomic DNA)
    

1本のバイアルに1,000ng (Mutant)、5,000ng (Wild type)のゲノムDNAが含まれています。Mutant各種とそれに対応するWild typeは共通の遺伝的バックグラウンドを持ちます。それらのサンプルを混合することで、変異箇所以外の均質性を保ったまま、任意のアレル比に調製することができます。Multiplex製品では、Gene Specific、Tru-Q各種で同様の操作が可能です。詳細はこちら
 

RNA

RNA融合遺伝子を含むFFPE切片です。ALK, ROS1, RET, NTRK1, NTRK3をラインナップしており、対応するWildtype製品もございます。詳細はこちら
 

カスタム
    

カスタムキットのご相談を承ります。詳細はこちら
 

ターゲット遺伝子

ABL1,AKT1, ALK, BRAF, BRCA, EGFR, EML4/ALK, FGFR2, FLT3, GNA11, GNAQ, GNAS, IDH1, IDH2, JAK2, KIT, KRA, MEK1, MET, Notch1, NRAS, NTRK1, NTRK3, PDGFRA, PIK3CA, PTEN, RET, ROS1

貯蔵温度

4℃

キット使用手順

※これらの製品は、研究用試薬としてのみご利用いただけます。

研究用試薬検索

キーワードから探す