Transcriptome Sequencing

特長

・遺伝子発現レベルとスプライシングパターンの両方の解析を実施。
・生体内の遺伝子発現変動を網羅的に解析でき、サンプル特異的な遺伝子発現パターンの同定が可能。
・パスウェイ解析やGO解析を組み合わせることで、さらに実用的な結果をご提供。
・がんの原因となる融合遺伝子の検出も可能。

解析概要

次世代シーケンサー(NGS)により全転写物の塩基配列を決定します。
得られたリード配列を参照配列にマッピングし、転写物のアセンブリング、発現レベルの算出、転写物へのアノテーション付与を行います。
複数サンプルの場合にはサンプル間での発現レベルを比較します。また、目的やRNAの品質に合わせて、適切な解析方法をお選びいただけます。詳細は、RNA Sequencing方法の比較資料をご参照下さい。

解析概要(図)

製品検索

キーワードから探す