HOME > 事業紹介 > Olink™ プロテオーム解析

Olink プロテオーム解析

約3000種類のタンパク質が解析できるOlink

Proximity Extension Assay(PEA法)による特異性の高いイムノアッセイと次世代シーケンサーを組み合わせ、高感度でハイスループットな解析を実現。Olink Explore3072の使用により最大約3000種類のタンパク質を同時に定量することができます。

イベント・セミナー情報
テーマ: がん研究の革新的な進化をもたらす次世代のプロテオーム解析技術 Olink
開催日時: 2024年6月26日(水) 16:00~17:00
セミナーの詳細・ご登録はこちら

理研ジェネシス Olinkプロテオーム解析の強み

  • Olink™の正規サービスプロバイダー。
  • ハイスループットなアッセイ系で数千検体規模の調査・コホート研究に対応。
  • 様々な機関から認められた品質保証で医薬品開発に対応。
  • 血清血漿以外の検体種での様々な実績。
  • 経験豊富なスタッフによる安心のサービスとサポート体制。
  • 理研ジェネシス独自の解析閲覧ソフト「Riken Genesis Visualizer for Proteome」を使用することで、データを直感的かつ詳細に閲覧可能。

通常1バッチで88検体を処理するところ、1バッチで22検体の相乗り解析を実施しています!
対象となる検体は、血漿・血清または脳脊髄液です。Olink解析が初めての方や検体数が少ない方に特におすすめです。
また、パイロットスタディとしてもご利用いただけます。

Olink相乗り解析の詳細はこちらのフライヤーをご覧ください。
Olink相乗り解析に関するお問い合わせ先はこちら

Olinkの特徴

高感度なタンパク質定量解析

タンパク質定量解析

Olinkでは抗体とDNAベースの手法を組み合わせたPEA法を用いることで、抗体の交差反応性を排除することに成功し、高い特異性・高感度性・再現性を実現しました。
*「抗体の交差反応性」:抗体が抗原とは異なるタンパク質を認識して結合すること。

Olinkの基本となるPEA法とは?

PEA法の概要

PEA法では、標的タンパク質に対して2種類の特異的な1本鎖DNA タグ付き抗体を用いてイムノアッセイを行います。2種類の特異的な抗体が正しく標的を認識した場合のみ、それぞれの抗体に付加している1本鎖DNAから2 本鎖 DNA が形成されます。次に、この2本鎖DNAを鋳型にしてPCRを行います。最後に、増幅したDNA断片をリアルタイム PCR や次世代シーケンサーで検出し、標的タンパク質の発現量を定量解析します。

低濃度タンパク質の検出も可能に

PEAテクノロジーではDNAタグ付き抗体を使用することで従来法より高い特異性を示します。また、PCRによるDNA断片の増幅によって検出感度を高めます。その結果、質量分析法では測定が困難であった低濃度のタンパク質、サイトカインやケモカインの検出も可能です。高濃度のタンパク質は、抗原抗体反応に最適化されたサンプル希釈率を用いて定量します。

グラフ

複数のパネルで網羅的なタンパク質の検出が可能

検出

オーリンクプロテオミクス社で提供しているタンパク質パネルOlink Explore3072(循環器、癌、神経、炎症の4種類項目、各2種類)を用いることで、最大約3000種類のタンパク質を同時に検出可能です。

パネル中のタンパク質概要
血液中の分泌タンパク質:「Blood Atlas」から選出
組織特異的血液バイオマーカー:主要27臓器の漏出タンパク質
炎症性タンパク質:PubMedの抄録
500万件のテキストマイニングでピックアップ
薬剤標的タンパク質:既存薬と現在進行中の治験候補
血中タンパク質:血液中において質量分析によって同定されているタンパク質

パネル構成

横にスクロールしてご覧いただけます。

心臓代謝疾患 OlinkExplore 384 Cardiometabolic
OlinkExplore 384 CardiometabolicⅡ
炎症性疾患 OlinkExplore 384 Inflammation
OlinkExplore 384 InflammationⅡ
神経疾患 OlinkExplore 384 Neurology
OlinkExplore 384 NeurologyⅡ
腫瘍性疾患 OlinkExplore 384 Oncology
OlinkExplore 384 OncologyⅡ

データ解析(オプションサービス)

Olinkはオプションによってさまざまな解析が可能な商品です。
統計解析を用いた群間のタンパク質発現比較、発現変動が上位のタンパク質の抽出、クラスタリング、パスウェイ解析、データの可視化(散布図、クラスタリングなど)などがご利用いただけます。

解析例1 発現変動解析のVolcano Plot(散布図)

解析例1 発現変動解析のVolcano Plot(散布図)

解析例2 発現変動解析のクラスタリング+ヒートマップ

解析例2 発現変動解析のクラスタリング+ヒートマップ

解析例3 パスウェイ解析

解析例3 パスウェイ解析
GSEAツールを用いたPathway enrichment解析を行い、
上位20term(pathway)を表示した。

解析例4 Riken genesis Visualizer for Proteome

解析例4 Riken genesis Visualizer for Proteome
Riken genesis Visualizer for Proteomeで解析結果が簡単に閲覧できます。

理研ジェネシスのOlink解析は品質に自信があります

理研ジェネシスはOlinkのサービスプロバイダーです

理研ジェネシスはOlink認定のサービスプロバイダーとして認定を受けております。
サービスプロバイダーとはOlinkから、信頼のある分析・解析を行う企業として認められた企業です。アジア太平洋地域でも数少ない企業の一つでもあります。

サービスプロバイダー

様々な機関から認められた品質保証

理研ジェネシスでは、医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準に関する省令に準じた遺伝子解析試験の実施基準に則ています。
さらに、ISO15189認定も取得しており、様々な機関から品質についての認定を受けています。

Olink解析受託サービスの流れ

解析受託サービスの流れ

検体条件・ご提出方法・納品物

検体種

血清、血漿 100uL
(その他のサンプル種については、別途ご相談ください。)

ご提出方法

Olinkでは、96ウェルプレートに検体をランダムに配置してアッセイを行います。
そのため、検体を96ウェルプレートにランダムに配置した状態で、冷凍送付してください。
ランダマイズの方法については、発注時にお問合せください。 *弊社でのランダマイズをご希望される際は、別途費用がかかります。

納品物

  1. NPXデータファイル(.csv)
  2. Excel上で閲覧しやすい形に変換したNPXデータファイル(.csv)
  3. 解析報告書(OlinkTM NPX Explore より出力されたAnalysis Reportを含む)
  4. 暗号化したDVD-R、暗号化したUSBメモリーまたは、暗号化したHDD [NPX file(.csv形式)、(ランダマイゼーションを行った場合)サンプル情報ファイル(.csv形式)を含む]

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5759-6041

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせ/WEB商談