NEWS

最新情報




プレスリリース
2018/08/30
がん組織内の遺伝子変異を検出する完全自動化システム(研究用)の市場導入を開始

2018年8月30日

報道関係各位

シスメックス株式会社

凸版印刷株式会社

株式会社理研ジェネシス


シスメックス・凸版印刷・理研ジェネシス、がん組織内の遺伝子変異を
検出する完全自動化システム(研究用)の市場導入を開始
~がん遺伝子検査の煩雑さを解消し、検査の標準化に貢献~


 

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒 以下「シスメックス」)と凸版印刷株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:金子 眞吾 以下「凸版印刷」)、株式会社理研ジェネシス(本社:東京都、代表取締役社長:近藤 直人 以下「理研ジェネシス」)は、がん組織内の遺伝子変異を検出する検査を全自動化する「研究用遺伝子測定装置LW-100」および関連試薬群(以下「本システム」)を共同で開発しました。

 

 このたび3社は、本システムの研究用としての提供を開始します。臨床用途での早期実用化に向けて、本システムの臨床的有用性の検証を積極的に進め、がん組織標本を用いた遺伝子検査の標準化を目指します。

 

  • 開発の背景

 近年の個別化医療の進展に伴い、がん治療では、遺伝子検査の結果に基づき診断や治療薬選択が行われるケースが増えており、診断ガイドラインにおいても遺伝子検査の利用が推奨されています。

 がん患者の術後の治療法選択時には、手術で採取したがん組織内の遺伝子変異を調べる検査が実施されます。しかし従来の方法では、核酸抽出から遺伝子増幅(PCR)の工程でサンプル・試薬分注など多くの手作業が必要なため、遺伝子検査は専門の検査センターに委託されるケースが多く、治療法確定には時間がかかっていました。しかし、早期治療開始の流れを受け、遺伝子検査の院内検査化とそれに伴う検査の標準化が求められています。

 

 シスメックスと凸版印刷および理研ジェネシスは、がん遺伝子検査の標準化を目指した提携を、2014年6月に開始し、シスメックスが保有する試薬開発力およびシステム化技術、凸版印刷の保有する遺伝子変異検出チップおよび消耗品開発技術、理研ジェネシスの遺伝子変異解析技術を活用して、がん組織標本を用いた遺伝子検査を自動化するシステムの共同開発を進めてきました。

 

  • 本システムの特長

 このたび「研究用遺伝子測定装置LW-100」および核酸抽出カートリッジ、遺伝子変異検出チップなどの関連試薬群で構成され、がん組織標本のパラフィン溶解から核酸抽出および精製、遺伝子増幅、測定結果表示までの工程を自動化するシステムの研究市場への導入を開始します。

 本システムは、手作業を含めた全工程を自動化することで、検査の煩雑さを解消し、がん遺伝子検査の標準化に貢献します。

 また、LW-100と同時に導入する肺がんの主要バイオマーカーであるEGFR遺伝子変異(※1)の検出チップ「LW-100 EGFR 研究用試薬」は、検出対象の遺伝子変異を特異的に増幅するBNAクランプPCR法(※2)を採用しており、EGFR遺伝子変異の高感度測定を実現します。

 

  • 今後の展開

 本システムを国内の研究市場へ導入し、臨床用途での実用化および遺伝子検査の標準化に向けた取り組みを加速するとともに、今後は、グローバルで製薬企業や医療機関と連携して、コンパニオン診断薬の開発を進めていきます。

 シスメックス、凸版印刷、理研ジェネシスは、今後も遺伝子解析検査のさらなるイノベーションに向けた取り組みを加速し、患者さん一人ひとりに最適な治療をお届けするため、個別化診断技術の臨床価値創出を目指します。

 

【本システムの概要】

製品構成:        研究用遺伝子測定装置LW-100

                      分注チップ

                      核酸抽出カートリッジ

                      EGFR変異検出チップ LW-100 EGFR 研究用試薬

導入時期:        2018年8月

対象市場:        日本(研究市場)

主な特徴:

・病理検体を投入するだけで、装置内で核酸抽出、精製、解析、結果の出力までを自動処理

・複数アッセイ(最大23アッセイ)を1度に測定できる遺伝子変異検出チップを採用

・BNAクランプPCR法による高感度測定を実現

・感度:100コピー以下(総ゲノム数が105コピーの場合、0.1%相当)

・検体処理時間は 1サンプル3時間40分、3サンプル 8時間

 

【外観】

 

 

【注釈】

※1 EGFR遺伝子変異:

EGFRは上皮成長因子受容体(Epidermal Growth Factor Receptor)の略称であり、細胞の増殖に関わる因子を認識することでシグナル伝達を行う受容体を指す。EGFRは多くの細胞に存在するが、EGFRを構成する遺伝子に変異が起こることでがん化やがんの浸潤・転移に関わるようになる。

 

※2 BNAクランプPCR法:

BNA は人工的に作られた DNA と類似の構造を持つ化合物で、相補的な核酸と強く結合し、安定な二重鎖を形成する。このような BNA の性質を利用し、検出対象以外の遺伝子に結合(クランプ)し増幅を抑制する。変異検出において、通常の PCR では、変異のない遺伝子によるバックグラウンドノイズが要因となり感度が低下するが、BNA クランプ PCR では、変異のある遺伝子だけを選択的に増幅できるため、バックグラウンドノイズが抑えられ、高感度に検出することが可能となる。

「LW-100 EGFR 研究用試薬」は、理研ジェネシスの子会社である株式会社BNA(日本)とのライセンス契約(日本特許第4731324号および第6242336号ならびにそれらの対応外国特許出願)に基づき、日本国内で製造されている。また、「EGFR 研究用試薬」は米国特許番号7294468およびその対応外国特許によって保護されている。 

 

 

【お問い合わせ先】

・シスメックス株式会社 IR・広報部

 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号

 Tel 078-265-0508 担当:林・瀬古

・凸版印刷株式会社 広報部

 東京都千代田区神田和泉1番地

 Tel 03-3835-5636 担当:島田

・株式会社理研ジェネシス

 東京都品川区大崎1丁目2番2号

 Tel 03-5759-6041 担当:大井


 

以上

2018/04/03
個別化医療に向けたマルチプレックス遺伝子パネル検査の先進医療承認について

2018年4月3日

報道関係各位

株式会社理研ジェネシス

個別化医療に向けたマルチプレックス遺伝子パネル検査の
先進医療承認について



 国立研究開発法人国立がん研究センター(所在地:東京都、理事長:中釜 斉 以下「国立がん研究センター」)は、シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒 以下「シスメックス」)と共同で開発を進めてきた“がん関連遺伝子パネル※1検査システム”を用いて行う“個別化医療に向けたマルチプレックス遺伝子パネル検査”が、2018年4月1日 先進医療※2として承認されたとともに、本検査を2018年4月9日より開始することをお知らせします。

 がん治療においては、がんの確定診断に加え、薬剤の効果予測や、再発モニタリングなど、遺伝子やタンパク質を用いた多くの検査が行われています。なかでも、がん組織の多数の遺伝子を一度に測定することで、その患者さんのがん固有の遺伝子の変化を分析し、がんの診断や治療、抗がん薬の選定に役立つ有用な情報を抽出する“がんクリニカルシーケンス検査”が注目されています。

 これまで国立がん研究センターとシスメックスは、新たながん診断法開発の更なる促進を目的として、2015年10月に国際品質基準に準拠したSysmex Cancer Innovation Laboratoryを中央病院内に開設するとともに、国立がん研究センターが開発した遺伝子診断パネル(NCCオンコパネル)およびこれを測定する次世代シーケンサー※3を用いて患者さんの検体(がん組織)の網羅的な遺伝子解析を行い、治療方針の決定や投薬の判断などへ活用する“がん関連遺伝子パネル検査システム”の共同開発を進めてきました。また、臨床現場における早期活用に向け、中央病院での臨床研究TOP-GEAR(トップ-ギア)プロジェクトで検証を行い、“がん関連遺伝子パネル検査システム”に関する体外診断用医薬品の先駆け審査指定制度※4対象品目(指定番号:先駆審査(28診)第1号、指定日:H29.2.28)として指定を受けるとともに、“がん関連遺伝子パネル検査システム”を用いて行う“個別化医療に向けたマルチプレックス遺伝子パネル検査”の先進医療申請を行ってきました。

 このたび、“がん関連遺伝子パネル検査システム”を用いて行う“個別化医療に向けたマルチプレックス遺伝子パネル検査”が、2018年4月1日に先進医療として承認されました。これを受けて、2018年4月9日より本検査を国立がん研究センター中央病院にて開始します。また、本検査は患者さんの受診機会拡大を目的に、先進医療協力施設でも実施する予定です。 なお、採取されたすべての検体は、シスメックスの子会社であり、遺伝子受託解析サービスなどを提供する株式会社理研ジェネシス(本社:東京都、代表取締役社長:近藤 直人 以下「理研ジェネシス」)のイノベーションゲノムセンター(川崎事業所)において測定を実施します。

 国立がん研究センター、シスメックス、および理研ジェネシスは、先進医療への取り組みや、先駆け審査指定制度を活用した“がん関連遺伝子パネル検査システム”の体外診断用医薬品としての承認取得を通じて、“個別化医療に向けたマルチプレックス遺伝子パネル検査”の臨床における早期活用を実現し、個別化医療の発展に貢献します。



【注釈】

※1 がん関連遺伝子パネル:
がんの診療上重要な複数の遺伝子の変異、増幅や融合を同時に解析できる診断薬のこと。NCCオンコパネルは、国立がん研究センターが中心となり開発された遺伝子パネルであり、日本人に特徴的な遺伝子変異を適切に診断できるように設計されている。

※2 先進医療:
いまだ保険診療の対象に至らない医療技術のうち、厚生労働大臣の承認を受けたものを指す。平成16年12月の厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣(規制改革、産業再生機構)、行政改革担当、構造改革特区・地域再生担当との「基本的合意」に基づき、国民の安全性を確保し、患者さんの負担増大を防止するといった観点も踏まえつつ、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたもの。

※3 次世代シーケンサー:
遺伝情報を持つDNAの塩基およびこの配列を、同時並行で大量に読み取る解析装置。

※4 先駆け審査指定制度:
国内の患者さんに世界で最先端の治療薬を最も早く提供することを目指し、下記の4つのすべての指定要件を満たす画期的な新薬等について、開発の比較的早期の段階から先駆け審査指定制度の対象品目に指定し、薬事承認に係る相談・審査における優先的な取り扱いの対象とするとともに、承認審査のスケジュールに沿って申請者における製造体制の整備や承認後円滑に医療現場に提供するための対応が十分になされることで、さらなる迅速な実用化を図る制度。指定要件は以下の4点。 ①新作用機序の画期性、②対象疾患の重篤性、③極めて高い有効性、④世界に先駆けて日本で早期開発・申請する意思




お問合せ先


国立研究開発法人国立がん研究センター
企画戦略局広報企画室〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1

TEL: 03:542-2511(代表)FAX:03-3542-2545

Email: ncc-admin@ncc.go.jp


シスメックス株式会社 IR・広報部

〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1

TEL: 078-265-0508



株式会社理研ジェネシス 営業・企画部

〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー8階

TEL: 03-5759-6042


以上


お知らせ
2018/09/03
マイクロアレイ ジェノタイピング解析 キャンペーンのご案内

2018年7月吉日

お客様各位


マイクロアレイ ジェノタイピング解析 キャンペーンのご案内


 理研ジェネシスでは、ゲノム上を網羅的にカバーするSNPジェノタイピングツールとして、イルミナ社のInfiniumビーズチップを採用し、これを用いた受託解析サービスを実施しております。
この度、Infinium OmniExpressExome-8 v1.4 BeadChipを使用したサービスを数量限定の特別価格で
ご提供致しますので是非ご検討ください。

キャンペーン期間 2018年7月9日(月) ~ 2018年9月28日(金)
解析費用 20,000円/検体(税別)
* 先着 500検体 限定
* 8検体単位でのご発注になります。それ以外の条件での解析をご希望の場合はご相談下さい。
対象アレイ ■ Infinium OmniExpressExome-8 v1.4 BeadChip
* Common SNP:約700,000マーカー
* Exome領域のSNP:約240,000マーカー
納品物 ジェノタイプデータ(csvファイル)
アノテーションデータ(csvファイルまたはtxtファイル)
GenomeStudioデータ(bscファイル)
GenomeStudioデータ作成に必要なファイル一式

本件に関するお問合せ先
株式会社理研ジェネシス 営業部
電話番号:03-5759-6042
Mail:info2@rikengenesis.jp
2018/09/03
大規模解析支援 ジェノタイピング解析 キャンペーンのご案内(GSA/ASA)

2018年7月吉日

お客様各位


大規模解析支援 ジェノタイピング解析 キャンペーンのご案内(GSA/ASA)


 理研ジェネシスでは、イルミナ社の低コスト大規模ジェノタイピングを支援し、対象人種集団の異なる2つのアレイを用いたサービスを、特別価格で提供しております。

キャンペーン期間 2018年7月9日(月) ~ 2018年9月28日(金)
対象アレイ ■ Global Screening Array
* 1000人ゲノムプロジェクトのゲノム情報を用いた世界26の人種集団用アレイ
* 約65万マーカー搭載
* 多民族の全ゲノムのコンテンツ、専門家により選定された臨床研究で意義のあるバリアント、および個別化医療研究のためのQCマーカーを搭載

■ Asian Screening Array
* 東アジア諸国の最新全ゲノム情報を用いたアジア人用アレイ
* 約65万マーカー搭載
* 日本人、韓国人、中国人、マレーシア人など約1万人のゲノム情報を利用
* アジア人の研究に基づいた疾患関連SNP、PGx、HLAコンテンツを搭載

各アレイの詳細はイルミナ社の製品紹介サイトをご参照下さい。
納品物 ジェノタイプデータ(csvファイル)
アノテーションデータ(csvファイルまたはtxtファイル)
GenomeStudioデータ(bscファイル)
GenomeStudioデータ作成に必要なファイル一式

※価格等の詳細はお問い合わせ下さい
※24検体単位でのご発注になります。それ以外の条件での解析をご希望の場合はご相談下さい。

本件に関するお問合せ先
株式会社理研ジェネシス 営業部
電話番号:03-5759-6042
Mail:info2@rikengenesis.jp

学会・イベント情報
2018/09/19
第77回日本癌学会学術総会にて弊社社員がポスター発表致します

横にスクロールしてご覧いただけます。

学 会 名 第77回日本癌学会学術総会
発表演題 「セルフリーDNA を対象とした次世代シーケンス法による網羅的変異解析パネルキットの比較」
A Comparison of Commercially Available Next Generation Sequence Assays for cell-free DNA Analysis
日  時 2019年9月29日(土)16:45-17:30
会  場 大阪国際会議場 3F イベントホール P-3417
2018/09/19
第77回日本癌学会学術総会にブースを出展致します

ご来場の際は、是非お立ち寄りください。

横にスクロールしてご覧いただけます。

学 会 名 第77回日本癌学会学術総会
テ ー マ 「極めたるで! がん研究」
日  時 2019年9月27日(木)~29日(土)
会  場 大阪国際会議場 3F イベントホール 企業展示3-4
会  長 森 正樹 先生
大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学 教授

事業紹介

株式会社理研ジェネシスは、創業以来、最先端の遺伝子解析で経験を積み重ねてきました。
2017年より、臨床応用を目指してクリニカルシーケンスを開始し、クリニカルシーケンス、
医薬品開発支援、遺伝子受託解析、試薬・診断薬の4つのビジネスを展開しております。

GENOME ANALYSIS SERVICE

遺伝子解析サービス

PRODUCT

製品

TOPICS

RGピックアップ

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5759-6041

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせ