HOME > RGピックアップ > ジェノタイピングー実験原理

RGピックアップ

ジェノタイピングー実験原理

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェノタイピングー実験原理

ジェノタイピング-実験原理

Infinium法

Infinium法は全ゲノム解析用にIllumina社によって開発されたDNAアッセイです。
ゲノムの全領域を酵素で同時に増幅させるため一度に数万~数百万ヶ所のSNPを検出できます。PCR法を用いたアッセイと比較しても、データの品質を落とさずにハイスループットなタイピングが可能です。

原理:

大量のプライマーセットを使用しない、酵素を用いた新たなアッセイ系です。
SNPローカスに特異的な塩基配列をもったプローブと、増幅され断片化されたDNAサンプルをハイブリダイズさせ、酵素によって伸長反応を起こし蛍光物質を取り込みます。
詳細な原理は、こちら。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5759-6041

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせ