Digital PCR

特長

・独自開発LBx ProbeとデジタルPCRの併用により特異的かつ定量的なターゲットの検出を実現
・がんドライバーおよび治療耐性の遺伝子変異検出に特化したプローブラインナップ
・数コピーのレアターゲットを定量的に検出
・体液中のCell free DNA (cfDNA)を対象とした解析も可能。

※ LBx Probeの詳細は弊社製品ページをご参照ください。
※ 他社(Bio-Rad社など)のプローブを用いた解析も承っています。

解析概要

LBx ProbeとデジタルPCRを組み合わせることにより、DNA量の限られたサンプルからもがん遺伝子の変異やコピー数異常を定量的に検出します。体液中の腫瘍ゲノム状態のモニタリングなどにご活用いただけます。

解析概要(図)

解析内容

変異検出(シングルタイピング)

変異型特異的プローブと野生型特異的プローブを用いて、対象変異を定量的に検出します。解析対象変異は、別途、お問い合わせ下さい。

変異検出(図)
※複数の変異を1反応で測定できるMultiplexタイプのプローブを用いた解析も承っております(変異の確定には追加解析が必要になります)。

変異スクリーニング

ターゲット配列内にある変異の有無を1反応で解析できます(変異の確定には追加解析が必要です)。弊社では、がん関連HotSpot変異を対象としたプローブを取り揃えています。解析対象変異の詳細は弊社LBx™ Probeの製品ページをご参照ください。

変異スクリーニング(図)

コピー数測定

対象遺伝子およびReference遺伝子特異的プローブを用いて、対象遺伝子領域のコピー数を測定します。

コピー数測定(図)

解析結果

各ターゲットのコピー数を定量的にカウントし、対象変異数または対象遺伝子のコピー数を算出します。

解析結果

納品物

・解析報告書
・電子媒体:ddPCR測定データ

サンプル条件

サンプルの種類 DNA
DNA量 100 ng
DNA濃度 10 ng/µL以上
溶液量 20µL以上
溶媒 Nuclease-free水

関連サービス

サービス検索

キーワードから探す